ウェブデザイナーの働き方

IT系でデザイナーというと、ウェブデザイナーという職種があります。これは一般的にはホームページのデザインをしてそれを制作する人のことを言いますが、そのほかにも顧客から仕事を取ってくる役割だったり、ホームページ制作を進行するにあたりそれを統括、監督する人も含む場合があります。

しかし多くの場合はホームページのデザイン、レイアウトを担当する人のことを言うようです。どうやったらウェブデザイナーになれるのかというと、特別資格が必要になるということはありません。しかし、自分の技量を示さなければいけないので、履歴書に書けるように会社のホームページを制作する仕事にまずは携わってみるのが一番説得力が増す方法だと思います。これはアルバイトとして制作してもいいし、自営業の人のホームページを制作してあげたりなど、とにかく早く実績を上げることが確実です。

この資格があればウェブデザイナーだということもないし、これが出来れば、という指針もあまりないので目安になることは少ないのですが、それでも実績があれば採用されやすくなります。ですから、企業に就職するのもいいですが在宅ワーク、SOHOとして個人で活動するのも全然アリな世界です。その代わり自分の名前が売れるように技術力を磨かなければなりませんが、SOHOで働く人たち向けに企業が仕事を提示しているサイトもあります。そこに応募してきたSOHOワーカーの人の技量だったりが求めている水準にあればそこで採用となります。それでお小遣いを稼ぐという人から生活費を稼ぐという人まで様々います。

デザインという技術を手につけることで、企業として働くもよし、在宅で働くもよし、独立してフリーとして仕事をとってくるもよし。色々な道のりや雇用形態があり、可能性が広がる職種なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です